開発技術TECHNOLOGY INFORMATION

試作

概要

ノウハウと技術で試作力

試作

1950年代から国内家電メーカーにタイマーなどの機能部品を供給してきました。生産数量と生産種類の飛躍の過程で、開発と試作を絶えず繰り返し厳しいスペック要求を乗り越え、結果を出し続けてきました。

特徴

最新の設備と熟練の加工技術で特殊な試作にも対応

試作

開発技術力と製品化ノウハウを活かした総合生産力は、オリジナル機能部品、共同開発機能部品、ハウジングなどの形状の試作を技術開発や量産へとつなげてきました。また、最新設備と熟練工による加工技術で特殊な試作にも多岐にわたる実績があります。

背景

開発と試作を絶えず繰り返して蓄積された「試作力」

中川電化グループは、家電が飛躍的に普及した1950年代から国内家電メーカーにタイマーなどの機能部品を供給してきました。生産数量と生産種類がそれぞれ爆発的に増加する過程で、機種毎に異なる仕様を検証するために開発と試作を絶えず繰り返し、試作のノウハウ、つまり「試作力」を蓄積してきました。

用途

試作から耐久性検証、展示PR用試作まで

試作

部品試作はもちろん、機能部品の動作検証、耐久性の検証、実地検証、設計検証、展示PR用試作など、試作から検証まで幅広くおこなっております。近年はハイブリッド車用電装部品の量産前検証試作も多数対応しています。

開発技術に関するお問い合わせ 中川電化産業株式会社 0598-51-1212